湿気を逃す通気性|職人お手製のすのこベッドで湿気対策|ジメジメした季節に持ってこい

職人お手製のすのこベッドで湿気対策|ジメジメした季節に持ってこい

部屋

湿気を逃す通気性

室内

夏の暑苦しいシーズンで、冷房を使わずに目覚めると寝汗をひどくかいていることがあるでしょう。寝ている間にもしっかり体温調節が行なわれていて、誰でも寝汗をかくようになっています。それは夏に限らず、冬でも行なわれているもので、寝ているときには平均で約500ミリリットルの寝汗をかいているとされています。それだけの寝汗を毎日かいているとなると、寝具には湿気が溜まりやすくなるでしょう。常に除湿されているなら問題ありませんが、除湿もせず湿気の溜まった寝具をそのままにしているとカビにとって好環境になります。カビを吸い込むことによって健康被害が懸念される上に、寝具を始めとする布や紙製品がすべてカビにやられてしまいます。そうしたカビトラブルを防ぐ為にも、寝具の通気性を良くする為のすのこベッドを選びましょう。すのこベッドは鉄製のベッドと比較して、寝具の湿気が逃げやすいという特長があります。カビは湿気のあるところに増えていきやすいものですが、範囲を広げる為の栄養素として、人間の髪の毛やフケが必須になります。寝具はまさにカビにとって都合のいいポイントになるので、すのこベッドに切り替えて少しでもカビ予防効果をもたらしましょう。

すのこベッドは、すき間がいくつも開いているので終始湿気を追い出してくれます。また、折りたたみ式を選ぶとそのまま横にしている状態よりも効率のいい湿気対策になります。高温多湿となる南の地域では、年中湿気対策が必要になるので、すのこベッドの需要がどこよりも高いとされています。ベッドのみならず、少し背の低いフローリングタイプもあるので、好みに応じて選ぶといいでしょう。